おとなの自由研究

古いと言われようと、それが好きだから、知って欲しい、中年のこだわり。

MENU

プロ野球の新しい指標をまとめてみた

記事名とURLコピー

おとなが大好きプロ野球

これまで記載した新しい指標をまとめてみた。

主には今現在のセイバーメトリクスとは異なり、

雌雄が決したあとの数字上の活躍は評価しない、というもの。

今後の加点方針を少々アレンジして、

新しい指標をまとめてみた。

.

★先発投手

先発は6回投げたら、4点-失点を点数に。

5回+αまでなら、3点-失点を点数に。

それ未満の降板は0点。

.

7回以後は3点差以上なら、

0点のイニング1つごとに1点加点。

2点差以内なら1イニング0点なら2点加点、

2点差以内から1失点でイニング完了なら1点加点。

.

完投ならさらに1点ボーナス

完封ならさらに1点ボーナス

.

★中継ぎ投手

3点差以上なら2イニング0失点なら1点、3イニング1.5点、4イニング2点...

途中で2点差以内になれば下記。

.

2点差以内なら1イニング0失点なら1点。

7回以後の2点差以内は1イニング0失点なら2点。

9回の1点差セーブ場面で1イニング0失点なら3点。

イニング途中で登板はイニング完了すれば上記に準ずる。

失点は記録上の失点でカウント。

.

★野手

2点差以内での打点はそのまま得点。

3点以上ビハインドから2点以上の打点は

2点差以内の分からカウントする。

.

2点差以内の場面で

イニング先頭打者として出塁は1点、

どんな形であれ一番前のランナーを進塁させれば0.5点。

(打点付の場合進塁打はノーカウント)

7回以後の1点差以内で得点圏の凡退はその日の加点分から-1点。

.

2点差以内の場面での盗塁は1点、

7回以後1点差以内での盗塁は2点。

.