おとなの自由研究

古いと言われようと、それが好きだから、知って欲しい、中年のこだわり。

MENU

2022年箱根駅伝 戦力分析② ~山学・神大・法政・中央学院

記事名とURLコピー

おとなの正月の密かな楽しみ、箱根駅伝

今度の箱根に向けて

箱根出場校の戦力分析を行う第2回。

.

昨年の箱根、出雲、全日本の区間タイム偏差値と、

箱根予選会のタイム偏差値を

個人ごとで集計し、

注目選手でランキングを作る。

.

各大学で残念ながら退部した選手もいるかも知れないが、

特に考慮せず、在籍しているものとして計算していく。

予選会突破チームの2回目です。

.

以下の箱根駅伝2022特集本も発売されています。

今年も箱根駅伝缶のビールもありますぞ。

[rakuten:book:20537493:detail]

[rakuten:book:20534215:detail]

[rakuten:liquor-boss:10003634:detail]

.

数値は駅伝も予選会もタイム偏差値-50で、0以下は0と表示。

選手名はいずれかの駅伝出走者か、

予選会で0.1点以上の選手のみ表示。

.

山梨学院大学

選手名 合計点 前回箱根 出雲 全日本 予選会
オニエゴ4 31.2点 17.6 13.6
松倉4 11.5点 11.5
木山3 10.9点 0 10.9
高田1 8.8点 8.8
伊東3 8.8点 8.8
新本2 8.1点 8.1
成毛4 7.0点 7.0
坪井4 6.4点 6.4
石部3 5.8点 5.8
篠原3 5.1点 0 5.1
川口4 1.8点 1.8
(砂川1) 1.7点 1.7
新本2 0点 0
(島津2) 0点 0
(星野3) 0点 0
(渡邉4) 0点 0

.

おおむね合計20点以上のランナーは安定感あり、

1レース10点以上のランナーは爆発力ありと評価できると思われる。

.

かつての栄光はどうか、山梨学院。

留学生オニエゴはハイレベルの安定感で計算は立つものの、

その他は爆発力が2名のみと、

なかなか日本人選手がついてきにくい状況は変わりにくい。

ポイントは日本人の往路前半を担いそうな

松倉、木山がどこまで粘れるかだろう。

.

神奈川大学

選手名 合計点 前回箱根 出雲 全日本 予選会
佐々木2 13.4点 13.4
西方4 11.6点 2.1 9.5
巻田2 11.2点 0.6 10.6
宇津野2 10.2点 1.0 9.2
山崎3 9.4点 9.4
横澤4 9.1点 9.1
落合4 8.4点 0 8.4
小林篤2 7.6点 7.6
小林政2 7.3点 7.3
(呑村4) 7.2点 7.2
高橋2 7.1点 0 7.1
大泉2 5.9点 5.9
中原1 4.3点 4.3
安田4 1.9点 1.9 0
川口4 0点 0

.

同じく神大も連覇を含めた栄光の時代がありました。

ここはいわゆる安定感な計算はたたないが

予選会で9点以上の好走者が5人いて、

去年の箱根でうまく走った佐々木などが復活すれば

総合力と言う意味では戦力はまずまず。

ただ爆発力のあるランナーは少ないので、

ポイントは2区時点で何位かだろう。

ここでシード圏にいれば帝京のように粘れるかも。

.

法政大学

選手名 合計点 前回箱根 出雲 全日本 予選会
鎌田4 33.4点 11.7 11.3 10.4
内田4 17.9点 8.6 9.3
宗像2 17.6点 9.4 8.2
小泉1 16.3点 6.1 10.2
川上3 14.5点 0 7.2 7.3
清家3 11.3点 1.9 9.4
松本3 10.6点 0 7.8 2.8
河田3 8.9点 0 8.9
高須賀2 7.8点 7.8
中園3 7.2点 0 0 7.2
細迫2 7.2点 7.2
武田1 6.5点 6.5
(守角4) 0.3点 0.3

.

全日本で健闘した法政。

昨年1区区間賞の鎌田はハイレベルな安定感を誇る。

全日本と予選会でまずまずの走りをした4人も

戦力になるだろうし、例年山が強い。

ポイントは1区か2区か、鎌田が走り終わって何番にいるか、だろう。

.

中央学院大学

選手名 合計点 前回箱根 出雲 全日本 予選会
吉本3 18.0点 8.1 9.9
栗原4 17.2点 5.0 12.2
吉田1 14.6点 7.4 7.2
吉田4 14.3点 7.6 7.7
伊藤2 14.2点 6.7 7.5
(川田3) 9.2点 0 9.2
松井4 8.1点 0 8.1
(谷口2) 7.3点 7.3
(芳賀1) 7.2点 7.2
武川3 7.1点 7.1
堀田1 4.6点 4.6
工藤1 1.7点 1.7
糸井4 1.1点 1.1
小島3 0点 0

.

ユニホーム一新の中央学院

大エースはいないものの

1レースで7点前後を叩き出すランナーがゾロゾロいる。

ここも神大同様に速い展開の2ー3区を終わってどこにいるかだ。

15位以内くらいにいれば、

いつのまにかシード圏にいるような

不思議な力を持っていそうだ。

.

2022年箱根駅伝・戦力分析

バックナンバーはこちら

2022年箱根駅伝 戦力分析⑥ ~駒澤・青学・東洋・創価 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析⑤ ~東海・早稲田・順天堂 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析④ ~帝京・国学院・東京国際 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析① ~明治・中央・日体大 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析② ~山学・神大・法政・中央学院 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析③ ~駿河台・専修・国士舘・学連選抜 - おとなの自由研究

[rakuten:book:20517962:detail] .

昨年の箱根駅伝、今年の出雲、予選会、全日本の区間タイム偏差値についてはこちら

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

.

箱根駅伝関連のバックナンバーはこちら

free-research.hateblo.jp