おとなの自由研究

古いと言われようと、それが好きだから、知って欲しい、中年のこだわり。

MENU

辛島美登里を集める② ~黄昏を追い抜いて、最後の手紙

記事名とURLコピー

おとなの女性アーティスト、辛島美登里

アニメソング中心の状況から、

いよいよメジャーデビューとなる頃の作品を

ここからは1つずつ振り返ってみよう。

.

01 Gently おすすめ度

★★★★★

.

Gently

Gently

Amazon

.

1989年6月にシングル「時間旅行」、

c/w「最後の手紙」でデビューし、

さっそく7月に発売されたメジャーデビューアルバム。

後に「黄昏を追い抜いて」がシングルカットされる。

このc/w「輝きの瞬間」はアルバム未収録曲だが、

丸善建設のCMソングであることもあり、

しかるべき超有名動画サイトで、

2021年12月現在は部分的に視聴可能だ。

後のベスト盤「HELLO GOOD-BYE」にも収録されている。

.

アルバムはデビューシングル「時間旅行」で幕開け。

ミドルテンポの耳馴染みよいエンドレスメロディ。

色をつけるなら黄色いポップソング。

歌い出しからいきなりオクターブジャンプのAメロで始まるので、

カラオケなどで歌う場合には緊張が走りそうだ。

Bメロは井上陽水の「夢の中へ」を

なぜか思い出してしまう。

.

疾走感のある「想い出のVacation」は

Bメロの音階の飛び部分に半音ずつ下がっていく展開を

難なく歌いこなしてるのがポイントで、

そこが耳に心地よい佳曲。

.

この時代らしい「Mist Away」は

夜中のドライブ音楽を思い起こさせる、

短調ベースの辛島美登里らしい楽曲。

同じくバブル時代のキーワード「赤わいん」では、

おとぎ話のようなメロディ展開のAメロがインパクトありだ。

「気をつけて」はさりげない優しいメロディが印象的なバラード。

今後の私の思う辛島美登里らしい曲、ということになるかも。

.

ビリー・ジョエルの「UPTOWN GIRL」を若干もじったような

「Upturn Girl」ではポップソングも軽快に歌いこなす美登里さんが、

やはり締め部分でオクターヴジャンプの連続技を決める。

.

今やもう昔のものとなった電話の音を

効果的に使用した「Ring Ring」は

ウキウキ弾むような懐かしい雰囲気のポップソング。

カラフルな色使いがやはり耳に心地よい。

ここでシングルカットされる「黄昏を追い抜いて」。

辛島美登里の得意ジャンルの曲かもしれないが、

短調で突っ走るサビが癖になる。

また、Bメロに前半と後半があり、

Bメロ後半の展開はなかなかトリッキーである。

黄昏を追い抜いて

黄昏を追い抜いて

  • 辛島 美登里
  • ヴォーカル
  • ¥255

.

一転して、ピアノバラード「最後の手紙」では、

さすがの歌唱力を見せつける。

メロディは一音一音を大事にした構成で

聴くものの耳を惹き付ける。

個人的にはエレピではなく、

アコピで弾き語って欲しかった。

後のベスト盤ではそこはきちんと

修正されている。

最後の手紙

最後の手紙

  • 辛島 美登里
  • J-Pop
  • ¥255

最後を飾る「人魚伝説」はスケール感のあるメロディで、

包容力を持ってアルバムをまとめている。

.

全10曲というアルバムとして潔い構成。

正統派シンガーソングライターとしてのデビューアルバムとして

存在感を放つアルバムだ。

.

★おすすめ楽曲を敢えて3曲挙げるなら...

09 最後の手紙

02 想い出のVacation

08 黄昏を追い抜いて

.

辛島美登里を集める・バックナンバー

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp