おとなの自由研究

昭和世代が高校野球・箱根駅伝・阪神・音楽にとことんこだわります。

MENU

九州の高校野球勢力図2024選手権前

 本サイトはプロモーションが含まれています

おとなの興味本位的娯楽、高校野球

2024年夏を占うため、九州地区の2024年春までの戦績をまとめておこう。

北海道・東北地区はこちらへup予定!

関東・東京地区はこちらへ!

北信越・東海地区はこちら!

近畿地区はこちら!

中国・四国地区はこちら!

.

.

得点ルール

ルールはこんな感じ。

★前年夏まで

毎年夏終了時点のポイントを4で除し、小数点以下は切り捨て。

★秋季大会・春季大会・選手権大会

優勝8点、準優勝6点、ベスト4 4点、ベスト8 2点 (北海道東京のみ全道大会か都大会はベスト16は 2点、その他は+2点)

四国九州の選抜出場校の春は自動的に6点、もしくは順位決定戦に応じて加点。

地区大会優勝 6点、準優勝 4点、ベスト4 2点(北海道東京は春関東のみカウント)

全国大会(神宮、選抜、選手権) 優勝 9点、準優勝 6点、ベスト4 3点、甲子園のみベスト8 1点

これらの戦績をもとに夏を占う。

なお、都道府県優勝校は秋春問わず○、地区優勝校には◎、

☆★はそれぞれ選抜、昨年度選手権の甲子園出場校だ。

前回より4点以上加点した学校には校名語尾に↑が付記されている。

.

福岡

☆○東海大福岡↑ 17点
○春日↑ 12点
福岡大大濠、飯塚 9点
九州国際大付↑、大牟田↑ 8点
西日本短大付九産大九産↑ 4点
近大福岡東筑 3点
希望ケ丘、糸島、筑陽学園、鞍手、自由ヶ丘 2点
東福岡、福岡工大城東 1点

.

言わずと知れた激戦区福岡。

今年の夏は県立春日に注目だ。

秋ベスト4、春優勝と、目ざすは甲子園一色だ。

選抜代表の東海大福岡、勢いで九州国際大付大牟田が追う。

.

佐賀

佐賀北↑ 14点
唐津商↑ 14点
○有田工 9点
佐賀学園、東明館↑ 6点
神崎、北陵↑ 5点
鳥栖工、神埼清明 4点
敬徳 3点
早稲田佐賀伊万里、太良、佐賀農 2点
佐賀商鳥栖、嬉野 1点

.

こちらは公立優位県の佐賀。

がばい旋風佐賀北に着目だ。

とはいえこちらも唐津商、秋を制した有田工と

実力伯仲しており、夏は意外所もありそう。

北陵あたりはダークホースになるかもだ。

NHK杯を制した龍谷もポイント外だが面白い。

.

長崎

○○長崎日大↑ 21点
海星↑ 18点
創成館↑ 9点
大崎 8点
九州文化学園、瓊浦 6点
鎮西学院 5点
長崎総科大付 3点
大村工、対馬対馬壱岐商、島原中央 2点
清峰、波佐見、長崎商 1点

.

ここしばらく群雄割拠だった長崎だが

長崎日大と海星の二強になりそうだ。

大崎、清峰、波佐見、長崎商など公立勢にも

今一度奮起を促したい。

.

大分

◎☆○★明豊↑ 30点
大分舞鶴↑ 15点
○大分↑ 10点
大分商、佐伯鶴城津久見↑ 7点
藤蔭、鶴崎工↑ 5点
杵築、柳ケ浦 4点
国東、別府翔青 2点
高田、大分国際情報 1点

.

王者明豊に待ったをかけられるか。

大分舞鶴と大分に期待したい。

オールドファンには懐かしい

津久見の台頭も嬉しいニュースだ。

独自大会を制した鶴崎工にも勢いがある。

.

熊本

☆◎○熊本国府↑ 21点
○文徳↑ 12点
九州学院 10点
熊本商↑、専大熊本↑ 7点
ルーテル学院 5点
有明、★東海大星翔、必由館、鎮西、熊本西↑ 4点
秀岳館 3点
千原台、翔陽、開新 2点
城北、済々黌、熊本工 1点

.

選抜出場の熊本国府がリードしているが

春優勝の文徳も甲子園を狙える状況。

名門の九州学院、昨年の旋風の有明

勢いなら熊本商や専大熊本にもありそうだが、

熊本工はかつての勢いが影を潜めていたが、

NHK杯優勝でダークホース感を強める。

.

宮崎

日南学園↑ 13点
延岡学園、○宮崎商↑ 11点
小林西↑ 9点
聖心ウルスラ↑ 8点
日章学園 7点
高鍋 4点
宮崎第一、冨島 3点
小林秀峰、宮崎日大、★宮崎学園都城商、宮崎北、都城 2点

.

学園天国の宮崎に、

宮崎商が一石を投じてきた春だった。

小林西あたりの伝統校にも勢いがあり、

また予選はもつれそうだ。

150km超を投げる延岡学園の球児こと、

藤川も独自大会優勝で注目が集まる。

.

鹿児島

☆★○神村学園↑ 25点
○鹿児島実↑ 13点
れいめい↑ 11点
鹿屋農↑ 8点
鹿児島城西 6点
国分中央 5点
鹿屋中央、川内商工、鶴丸、樟南、出水中央↑ 4点
出水工、大島、鹿児島玉龍 2点
枕崎、徳之島 1点

.

NHK杯も優勝の神村学園をどこが止めるかが焦点になりそう。

春優勝の鹿児島実が一番手だが、

れいめい、鹿屋農などフレッシュ勢が食らいつくと面白い。

大島、徳之島の離島勢にも引き続き期待だ。

.

沖縄

興南↑ 17点
沖縄尚学 15点
ウェルネス↑ 9点
宜野座↑、○エナジック 8点
具志川商、沖縄水産 4点
名護 3点
宮古、コザ、知念、美里工、嘉手納 2点
糸満、沖縄工、西原、豊見城KBC未来 1点

.

ずっと二強体制でしたが、

今年は興南の年でしょうか。

また、春優勝のエナジックをはじめ

新鋭の片仮名学校にも勢いがあります。

宜野座の復活にも期待です。

.

九州地区の勢力図の変遷はこちら!

2023選抜前

2023選手権前

2023秋季前

2024選抜前

.

夏らしい音楽が聞きたい?

free-research.hateblo.jp