おとなの自由研究

古いと言われようと、それが好きだから、知って欲しい、中年のこだわり。

MENU

2022年箱根駅伝を区間タイム偏差値で振り返る  ~青学・順天堂・駒澤・東洋

記事名とURLコピー

おとなの元日夜のそわそわの要因、箱根駅伝

正月夜に家族が格付けチェックで盛り上がるなか、

一人、あの選手は大丈夫だろうか、と気を揉む、

それがまた楽しい。

今年の箱根駅伝の各チームを

区間タイム偏差値で振り返る最終回。

なんとか1月中に終わらせましょう!

今回は1ー4位のチームを振り返ってみたい。

.

お題「箱根駅伝について感じたこと」

.

.

.

なお、選手名の横にある数値は

それぞれのレースでの区間タイム偏差値-50が記載され、

そのまま各選手のポイントとなっている。

ただし、本来の実力を発揮できなかった

0点以下はマイナスとはせず、

すべて0点として計算する。

()になってるのは今回エントリー漏れした選手だ。

.

目次に戻る

.

1位 青山学院大学

区間 選手名 合計点 前回箱根 出雲 全日本 予選会 今回箱根
1区 志貴2 17.8点 9.9 7.9
2区 近藤3 49.6点 15.1 9.6 18.1 6.8
3区 太田1 16.1点 16.1
4区 飯田4 40.8点 10.5 8.6 11.1 10.6
5区 若林1 24.2点 7.0 3.3 13.9
6区 高橋4 26.2点 10.7 10.7 4.8
7区 岸本3 27.9点 10.0 17.9
8区 佐藤2 44.9点 10.1 8.6 14.2 12.0
9区 中村3 20.8点 0.1 2.6 18.1
10区 中倉3 29.1点 10.2 18.9
横田3 11.5点 11.5
(目片3) 8.0点 8.0
湯原4 0点 0

.

箱根でコンスタントに1区間10点以上を稼ぎ出す青学。

やはりこれが強かった。

なんといっても往路3区での

アドバンテージが大きすぎた。

さほど前評判の高くない選手が3区で快走する年は

歴代の青学はめっぽう強い。

過去には秋山のときも大独走している。

来年以後も3区のランナーには注目だろう。

.

目次に戻る

.

2位 順天堂大学

区間 選手名 合計点 前回箱根 出雲 全日本 予選会 今回箱根
1区 平3 17.7点 11.0 6.7 0
2区 三浦2 19.3点 2.9 13.7 2.7
3区 伊豫田3 38.0点 7.7 8.3 8.4 13.7
4区 石井2 32.5点 6.6 8.6 4.7 12.6
5区 四釜3 28.4点 8.4 11.7 8.3
6区 牧瀬4 25.8点 11.5 14.3
7区 西澤3 7.2点 2.6 4.6
8区 津田4 14.6点 0 14.6
9区 野村3 16.0点 2.7 0 13.3 0
10区 近藤4 4.9点 4.9 0
(鈴木4) 1.9点 1.9
(小島4) 0点 0
服部1 0点 0

.

優勝候補予想もあった順大。

他大学が崩れた状況もあり、2位は

さほど驚く結果ではないだろう。

中央大学に続けて伝統校復活を印象付ける。

3区伊豫田が流れを変えた点と、

復路の順大を牧瀬、津田の4年生が再現してくれた点がポイント。

往路メンバーは丸々残るので

来年も戦えるだろう。

.

目次に戻る

.

3位 駒澤大学

区間 選手名 合計点 前回箱根 出雲 全日本 予選会 今回箱根
1区 唐澤2 11.5点 2.7 8.8
2区 田澤3 54.6点 6.8 14.7 19.6 13.5
3区 安原2 23.4点 10.1 13.3 0
4区 花尾2 29.1点 8.4 7.1 10.4 3.2
5区 金子2 10.7点 10.7
6区 佃4 20.9点 9.3 4.5 7.1
7区 白鳥2 4.0点 0 4.0
8区 鈴木2 8.8点 8.8 0
9区 山野3 13.8点 5.6 8.2
10区 青柿2 10.8点 5.5 5.3
(花崎4) 15.6点 15.6
佐藤1 11.0点 11.0
赤星2 9.5点 9.5
東山3 7.1点 7.1
篠原1 6.7点 6.7
(赤津2) 1.9点 1.9

.

1、2区は非常によい滑り出しだった駒澤大

3、4区と復路での伸び悩みが苦戦の原因なには明らか。

お家芸だった9区、10区も全体のレベルが上がってるなかで

例年ほどの突出はない。

とはいえ、若いチームであり、

出られなかった実力者も控え

スーパールーキーの入学もある。

来年の打倒青学一番手として期待だ。

.

目次に戻る

.

4位 東洋大学

区間 選手名 合計点 前回箱根 出雲 全日本 予選会 今回箱根
1区 児玉3 13.9点 4.9 8.1 0.9
2区 松山2 17.7点 8.0 2.0 7.7
3区 佐藤2 8.8点 6.2 2.6
4区 木本3 0点 0
5区 宮下4 25.3点 11.5 9.1 4.7
6区 九嶋2 21.6点 0 14.5 6.0 1.1
7区 梅崎1 14.0点 11.1 3.9
8区 蝦夷森4 10.0点 10.0
9区 前田3 23.9点 3.8 5.5 7.7 6.9
10区 清野3 12.8点 1.1 11.7
石田1 26.2点 15.5 10.7
柏3 7.1点 7.1
奥山2 4.8点 4.8
(菅野2) 0.2点 0.2

.

3位以内ハンター、東洋大

2区松山は終わってみればそれなりに走ったし、

スーパールーキー石田を欠くなかで

往路は最低限シードを狙える位置で我慢できたというべきか。

その分、復路は0点区間なく

堅実に追い上げ、密かに清野が

10区のスペシャリスト的地位を獲得したとも言える。

来年は5区宮下の穴を誰が埋めるかだが

きっと東洋はうまくやってくれるに違いない。

.

目次に戻る

.

箱根駅伝関連バックナンバー

2022年箱根駅伝の総括のバックナンバーはこちら

2022年箱根駅伝を区間タイム偏差値で振り返る ~東国・中央・創価・國學院・帝京 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝を区間タイム偏差値で振り返る ~法政・東海・神大・早稲田 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝を区間タイム偏差値で振り返る ~明治・国士舘・中央学院・日体大 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝を区間タイム偏差値で振り返る ~山学・駿河台・専修・学連選抜 - おとなの自由研究

.

エントリー時点での各大学へのコメントなどはこちら

2022年箱根駅伝 戦力分析⑥ ~駒澤・青学・東洋・創価 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析⑤ ~東海・早稲田・順天堂 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析④ ~帝京・国学院・東京国際 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析① ~明治・中央・日体大 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析② ~山学・神大・法政・中央学院 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析③ ~駿河台・専修・国士舘・学連選抜 - おとなの自由研究

.

いぶし銀候補選手についてはこちら

2022箱根駅伝、いぶし銀な選手はこの人! ~予選会校 - おとなの自由研究

2022箱根駅伝、戦力分析から分かる、いぶし銀な選手はこの人! ~シード校編 - おとなの自由研究

.

目次に戻る