おとなの自由研究

古いと言われようと、それが好きだから、知って欲しい、中年のこだわり。

MENU

2022年箱根駅伝を区間タイム偏差値で振り返る ~東国・中央・創価・國學院・帝京

記事名とURLコピー

おとなが正月に大学時代を振り返るきっかけ、箱根駅伝

もちろん、頑張ってる選手を応援する中で、

爽快感を味わえるのも醍醐味だ。

今年の箱根駅伝の各チームを

区間タイム偏差値で振り返る第4回。

今回はシード権確保をきっちり終えた5チームを

振り返ってみたい。

.

お題「箱根駅伝について感じたこと」

.

.

.

なお、選手名の横にある数値は

それぞれのレースでの区間タイム偏差値-50が記載され、

そのまま各選手のポイントとなっている。

ただし、本来の実力を発揮できなかった

0点以下はマイナスとはせず、

すべて0点として計算する。

()になってるのは今回エントリー漏れした選手だ。

.

目次に戻る

.

5位 東京国際大学

区間 選手名 合計点 前回箱根 出雲 全日本 予選会 今回箱根
1区 山谷3 23.4点 8.7 10.8 3.9
2区 ヴィンセント3 59.9点 17.2 16.8 18.2 7.7
3区 丹所3 45.6点 0 13.6 15.3 16.7
4区 堀畑3 6.2点 6.2 0
5区 倉掛1 0点 0
6区 林2 0点 0
7区 富永1 4.9点 4.9
8区 村松 5.6点 5.6
9区 宗像3 14.5点 0 9.8 4.1 0.6
10区 野澤4 17.1点 8.3 9.8
(佐藤1) 17.0点 9.9 7.1
白井1 11.1点 11.1
生田2 3.2点 3.2
(芳賀4) 0点 0

.

なんといっても3本柱が強力な東京国際。

2区ヴィンセントが多少の誤算ではあったが、

3区まではやはりしっかりトップ争いにつけた。

5区から8区までを駅伝初登場選手で固めたが、

7区8区はまずまずであり、

課題は山区間だろう。

とはいえ、若い学年で経験を積めば

3本柱が健在で、ヴィンセントが爆発する来年、

また面白い存在になりそうだ。

.

目次に戻る

.

6位 中央大学

区間 選手名 合計点 前回箱根 出雲 全日本 予選会 今回箱根
1区 吉居2 38.3点 0 11.0 12.0 15.3
2区 手島●4 24.7点 5.2 9.2 10.3 0
3区 三浦●4 27.0点 6.3 11.8 5.3 3.6
4区 中野2 21.2点 5.9 8.8 6.5
5区 阿部1 21.8点 4.5 10.3 7.0
6区 若林3 14.7点 6.4 8.3
7区 居田2 0点 0
8区 中澤●3 33.3点 6.4 6.5 10.1 10.3
9区 湯浅2 19.0点 9.1 9.9
10区 井上4 0点 0
助川3 14.4点 5.4 9.0
田井野3 9.3点 9.3
東海林1 9.0点 9.0
森4 7.8点 0 7.8
(山口1) 4.2点 4.2
(山平1) 0.3点 0.3
(千守3) 0点 0

.

見事予選会からシード獲得の伝統のC

戦前からいぶし銀選手3人●を紹介していたが、

それぞれに役割を果たしたといえる。

1区吉居の爆走を受けた

2区手島は首位陥落にはなったものの

自分のペースを貫き

決してブレーキにはならず

実力通り走って上位陣に残る走りを見せ、

3区三浦は流れにずるずるいかず

上位に踏みとどまった。

8区中澤はまたしてもいぶし銀の走りで

総合3位まで順位を上昇させた。

来年に向けてはエース吉居と、

山にも目処がたち、湯浅あたりがいぶし銀後継者となれば、

戦える雰囲気があり、1区要因がポイントになるだろう。

.

目次に戻る

.

7位 創価大学

区間 選手名 合計点 前回箱根 出雲 全日本 予選会 今回箱根
1区 葛西3 13.5点 13.5 0
2区 ムルワ3 35.1点 7.7 17.2 10.2
3区 桑田2 5.8点 5.8 0
4区 嶋津4 34.1点 12.9 5.6 15.6
5区 三上4 11.8点 11.8 0
6区 濱野3 13.0点 5.9 2.5 4.6
7区 新家3 11.8点 3.3 8.5
8区 吉田1 4.4点 4.4
9区 中武4 0点 0
10区 松田3 7.3点 7.3
(永井4) 6.0点 6.0
緒方3 4.8点 4.8
(小野寺4) 0点 0

.

前年往路優勝、総合準優勝の創価

2区、4区は去年同様の力を発揮したが、

1、3、5区が思うように運べなかった。

6ー8区もそれなりに走っただけに、

もう少し上位に食い込めた感は残る。

来年度に向けては、創価の象徴的存在となった

嶋津が5年生で出走するかどうか、

新しい山要員の確立が鍵になりそう。

.

目次に戻る

.

8位 國學院大学

区間 選手名 合計点 前回箱根 出雲 全日本 予選会 今回箱根
1区 藤木4 20.3点 2.6 1.6 8.4 7.7
2区 伊地知●2 31.7点 4.6 12.2 13.1 1.8
3区 山本1 8.6点 8.6
4区 中西3 29.2点 0 14.5 4.6 10.1
5区 殿地4 8.4点 5.7 2.7
6区 原1 0点 0
7区 木付●4 31.4点 10.6 11.4 9.4 0
8区 石川4 4.9点 4.9
9区 平林2 31.5点 8.2 10.8 12.5
10区 相澤4 0点 0
島崎●4 26.1点 7.2 8.1 10.8
坂本3 8.3点 8.3
沼井1 4,4点 4.4

.

優勝候補にも挙げられた國學院

いぶし銀の伊地知が2区で戦えたことで

往路の流れは快調だったが、

復路6区予定と思われたいぶし銀島崎が使えず、

もう1人のいぶし銀、木付は7区を走るも故障上がりで、

結果的にこの2区間での後退が、

もう少し上位にいけた感を残した。

とはいえ9区平林の快走は鮮やかで、

もし優勝戦線にいたら恐れるべき存在だったと思われる。

層をさらに厚くしたいところだ。

.

目次に戻る

.

9位 帝京大学

区間 選手名 合計点 前回箱根 出雲 全日本 予選会 今回箱根
1区 小野2 9.1点 5.6 0 3.5
2区 中村4 27.4点 3.1 4.3 13.3 6.7
3区 遠藤●4 38.4点 11.5 9.7 6.1 11.1
4区 寺嶌4 2.9点 2.9 0
5区 細谷4 31.6点 12.8 3.6 15.2
6区 北野3 0点 0
7区 福島1 0点 0
8区 橋本4 23.1点 10.0 5.4 7.7 0
9区 森田4 6.6点 0.4 6.2 0
10区 西脇2 16.1点 13.3 2.8 0
小林1 2.4点 2.4
(三原4) 0点 0

.

往路を沸かせた帝京大

チームカラー的に復路が堅実に強いイメージだが

今年は復路でポイント獲得ができなかった。

いぶし銀の遠藤は予定通りの走りを見せ、

2区でも昨年の星に続いて十分4年生中村が戦えた。

山の細谷がきっちり区間賞で、

往路上位はさすがであった。

4年生が多いので一見来季が厳しそうにも見えるが、

ここは4年生がきちんと伸びてくるので、

来年もあっと言わせてくれるかもしれない。

.

目次に戻る

.

箱根駅伝関連バックナンバー

2022年箱根駅伝の総括のバックナンバーはこちら

2022年箱根駅伝を区間タイム偏差値で振り返る ~法政・東海・神大・早稲田 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝を区間タイム偏差値で振り返る ~明治・国士舘・中央学院・日体大 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝を区間タイム偏差値で振り返る ~山学・駿河台・専修・学連選抜 - おとなの自由研究

.

エントリー時点での各大学へのコメントなどはこちら

2022年箱根駅伝 戦力分析⑥ ~駒澤・青学・東洋・創価 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析⑤ ~東海・早稲田・順天堂 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析④ ~帝京・国学院・東京国際 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析① ~明治・中央・日体大 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析② ~山学・神大・法政・中央学院 - おとなの自由研究

2022年箱根駅伝 戦力分析③ ~駿河台・専修・国士舘・学連選抜 - おとなの自由研究

.

いぶし銀候補選手についてはこちら

2022箱根駅伝、いぶし銀な選手はこの人! ~予選会校 - おとなの自由研究

2022箱根駅伝、戦力分析から分かる、いぶし銀な選手はこの人! ~シード校編 - おとなの自由研究

.

目次に戻る