おとなの自由研究

古いと言われようと、それが好きだから、知って欲しい、中年のこだわり。

MENU

KANを集める⑫ ~よければ一緒にカンチガイ

記事名とURLコピー

おとなの音楽家、KAN。

フランスから帰国後は

ますます音楽性に磨きがかかった作品を

発表し続ける。

そんな2010年前後の作品を振りかぶってみよう。

.

.

.

15 カンチガイもハナハダしい私の人生 おすすめ度 ★★★★★

2010年2月にライブで評価の高かった

シングル「よければ一緒に」c/w バイバイバイ をリリース。

それを引っ提げて3月に発売されたアルバム。

全9曲のアルバムだが力作が揃っており、

ボリューム感はハンパない。

.

出だしはいきなり賛否両論になりそうな、

Perfumeを意識しまくった「REGIKOSTAR ~レジ子スターの刺激~」で始まる。

ピコピコ電子音サウンドで細かいマニアック打ち込み満載だ。

続く「小学3年生」はビッグバンドジャズ路線で

ブラスセクションのフレーズがたまらない

秀作ナンバーで、メロディラインもよいし、

塩谷哲氏のピアノも聞き応えがある。

本アルバムの1つめのハイライトになるだろう。

小学3年生

小学3年生

  • KAN
  • J-Pop
  • ¥204

.

前奏で、ん? と思わせる8ビートの「ピーナッツ」

さびのメロディの展開が複雑で、

例えば鼻歌なんかでは絶対作れないだろうな、という曲

一度は鍵盤か何かで音を確認しないとわからないけど、

聞いてる分にはとてもキャッチーな不思議な曲。

ピーナッツ

ピーナッツ

  • KAN
  • J-Pop
  • ¥204

.

「バイバイバイ」はピアノ弾き語りスタイルのバラードで

Aメロから臨時記号全開でとても好き。

サビも同じメロディにコードを変えて繰り返すので

これもピアノでなぞると、なるほど!、という感じ。

バイバイバイ (Live)

バイバイバイ (Live)

  • KAN
  • J-Pop
  • ¥204

.

「青春の風」は爽やかな曲想に

どこか哀愁、懐かしさのある雰囲気が秀逸

ギターメインの8ビート楽曲で、

KANのギターソロがいい味付け出している。

青春の風

青春の風

  • KAN
  • J-Pop
  • ¥204
.

「ordinary days」はスティーヴィー・ワンダー系の16ビートバラード。

またしても複雑なメロディだが、

音自体は「ピーナッツ」よりも歌いやすい代わりに。

息継ぎはとっても大変そうだ。

詞の世界は初めて赤ちゃんが出てきて、

ファンは、お? と思うこと請け合い。

ordinary days

ordinary days

  • KAN
  • J-Pop
  • ¥204
.

フランスから帰国したことを大々的に表現する

シャンソン風の「オー・ルヴォワール・パリ」は

三連で儚げに進行する新しいジャンル。

先行シングル「よければ一緒に」は

ポンキッキで使われ、

あちこちでKANが復活、と話題になった。

「SONG OF LOVE」からの同じメロディを繰り返し、最後はラララ。

とてもキャッチーだが結構人によっては

Aメロの音がうまく歌えないことも多い感じ。

結婚式とかの男性の生い立ちビデオに合いそうな詞の世界だが、

曲は長いので実際に使うと写真の数も膨大で

見る人も大変そうではあり、一人でこれくらい尺をとると、

新婦はイラッとしそう。

幼馴染みの結婚なら2人合わせてこの曲1曲でいいかも。

よければ一緒に

よければ一緒に

  • KAN
  • J-Pop
  • ¥204

.

最後は、そんなKANの幼馴染みであるASKAとのデュエット。

「予定通りに偶然に」。

イントロからスケール感を醸し出し、

初っぱなのメロディから華やかだ。

アレンジもストリングスラインが

非常に作り込まれており

うねるような展開の中間部を挟んで

上へ転調する部分はこの曲のハイライト。

そして当然、この曲がアルバム全体の

最後のハイライトとなる。

予定どおりに偶然に (with ASKA)

予定どおりに偶然に (with ASKA)

  • KAN
  • J-Pop
  • ¥204

.

以上、全9曲と一見少ないが

非常に盛りだくさんで聞き応えがある。

またしても文句無しに薦められるアルバムだ。

CD付属のDVDでは曲のできる過程が満載で、

この曲大変だったんだなあ、というのが

すごくよくわかり、これもおすすめだ。

.

★おすすめ楽曲を敢えて3曲選ぶなら...(シングル省きます)

02 小学3年生

04 バイバイバイ

09 予定通りに偶然に

.

目次に戻る

.

M1 Songs Out of Bounds  おすすめ度 ★★★★☆

初期からのオリジナルアルバム未収録曲を集め、

2010年10月に発売された。

新規ファンにとっては伝説のシングル「over you」や、

愛は勝つ以後のシングルのカップリング曲が満載で、

「ライバル」や「続ライバル」まで含まれている。

.

個人的には、ボンマルシェシリーズと「Parmanent Dragon」とか、

さらに「センチメンタル17歳」「STALK」など、

ライブのみ公開楽曲や、

マチュアでコンテスト出場した楽曲「SPICY NIGHT(君はスパイシー)」なども

入れてほしかったのが本音。

既にカップリングなども全部持ってるような

コアなファンも購入意欲をよりそそられるはず。

その分「恋する気持ち」や「めずらしい人生」は

メジャーだし入れなくても、という気もするが、

「めずらしい人生」が廃盤になってるので、

これらの楽曲が陽の目を見るため、

という判断もあるんでしょうね。

.

密かに隠れた名曲はスケール感のある「Long Vacation」。

なぜかこのタイトルで福岡国際マラソンのテーマソングだったが、

メロディの進行がキャッチーで格好よく、

仕事で今から夏季休暇だ、というときに、

必ずこのメロディが頭で鳴り響く。

.

KANコレクターはもちろんのこと、

ライトなファンにも佳曲「めずらしい人生」を正規に聴ける意味でおすすめだ。

.

目次に戻る

.

バックナンバー

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

.

目次に戻る