おとなの自由研究

古いと言われようと、それが好きだから、知って欲しい、中年のこだわり。

MENU

KAN を集める ⑧ ~KREMLINMANで愛は勝つイメージ一掃?

記事名とURLコピー

おとなな男性邦楽ソロアーティスト、KAN。

名作だった前作を経て、

ミレニアム前年の活躍っぷりを見てみよう。

.

12 KREMLINMAN おすすめ度 ★★★★★

 「Song of Love(英語版)」を意識したと思われるシングル

「英語でゴメン」を1998年9月にリリースし

(カップリングはサンクトペテルブルグのライブ)

1999年2月に先行シングル「Happy Time Happy Song」を経て4月発売。

なおこのカップリングはあの伝説の

ハイビジュアルバンド、ボンマルシェ「女神 VENUS」である。

なかなか入手は難しいので

機会があれば手に入れておきたい。

.

全体にロシアを意識したロック色強めのアルバム。

1曲目のタイトルに早速反映される「ロック試練の恋」。

スケール感のあるイントロに、

4度飛びを多用した印象的なAメロで始まる。

サビの部分にはオクターブ弾きピアノが効果的に使われる

青々しいロック。

そのまま連続するように「Solitude」。

今度は9thな進行で始まりそれがナイス。

短編ながらしっかりした主題のメロディも備わった佳曲だ。

さらに連続するように「Rock'n Soul in Yellow」へ続く。

ビリー・ジョエルの「Ain't no crime」のようなかっちょいいピアノフレーズに始まり、

Ain't No Crime

Ain't No Crime

ギターがむせび続けるヘビーな赤いロック。

.

メロディラインもBメロの進行がとてもよい。

そして2コーラス目後には急に青い雰囲気になり、

ピアノ四分打ちで第3の進行を見せる。

ここのメロディラインもスケール感たっぷりだ。

そしてドラムのみでの遊びのような部分を挟んで、

ギターソロという圧巻の展開を見せる。

この曲が本アルバムのハイライトと言ってもよい力作だ。

ちなみにyellowはたぶん「臆病者」の意味で使ってるのかな?

.

続くシングル「Happy Time Happy Song」は

ポップなメロディラインもさることながら、

アレンジで魅せる。

2コーラス目の「真っ青」では

チャゲアスの「SAY YES」と同じ音なため、

テンポまでゆっくりして合わせるという品のよさ。

SAY YES

SAY YES

.

素敵なバラード「50年後も」は

ティーヴィーワンダーの「STAY GOLD」を

思わせる進行とスケール感で魅了するが、

個人的には最後に最初のメロディを繰り返す展開そのものと、

「笑ってるかな」の「わ」の音が好き。

ライブでも最終曲によくセレクトされ、

きっと本人の納得度が高そうな楽曲。

50年後も

50年後も

  • KAN
  • J-Pop
  • ¥204

.

「WHITE LINE」はまたしてもロック色の強い交通違反ロック。

ボンジョビのようなサウンドの勢いと、

それにそぐわないみみちい歌詞を

敢えて入れ込むセンスに脱帽だ。

.

シングル曲「英語でゴメン」は繊細なメロディに、

サウンド全体がキラキラ輝いており

ヘッドホンで聴くのに適した

アレンジで聴かせるミディアムナンバー。

でもシングルとしてはやっぱり

ちょっとインパクトがほしかったかも。

いい曲なのは間違いないんだけど。

シングルは「50年後も」がよかったんじゃないかと思う。

.

槇原敬之を全面リスペクトした

「車は走る」ではウルトラポップ路線で、

歌い方もなんだかノドを開いて歌ってる感ありありで

思わずニヤニヤしてしまう。

最後を締める「紅のうた」は、

サウンドトラックのようなスケールのある楽曲で、

徐々に徐々に盛り上がっていく様子は

前作の「Song of Love」の発展系かも知れない。

.

曲数は確かに少ないが、

これまで見せなかったロックテイストの曲に、

王道のシングル、そして素敵なバラードに短編佳曲。

いつもバラエティに富んだ力作だ。

.

★おすすめ楽曲を敢えて3曲挙げるなら...(敢えてシングル省きます)

05 50年後も

03 Rock'n Soul in Yellow

02 Solitude

.

.

KANを集める

次のアルバムレビューはこちら

free-research.hateblo.jp

ひとつ前のアルバムレビューはこちら

free-research.hateblo.jp

バックナンバーは下記 ↓

free-research.hateblo.jp