おとなの自由研究

古いと言われようと、それが好きだから、知って欲しい、中年のこだわり。

MENU

CHAGE AND ASKA を集める⑩ ~解散前の集大成

記事名とURLコピー

おとななデュオ、CHAGE and ASKA

2021年現在でいよいよこれが最後の振りかぶりになる。

最期のアルバムを中心に振り返ってみよう。

.

21 DOUBLE おすすめ度 ★★★★★

2004年8月にシングル「36度線」、

12月にもシングル「僕はMusic」をリリースし

(カップリングはいずれもアルバム収録)

3年の空白を経て2007年1月に先行Wシングル

「Here &There」「Man and Woman」

(カップリングはお互いの別アレンジ)

を引っ提げて同月に発売の最終オリジナルアルバム。

やはり全10曲中6曲が既発表曲というリリースとなる。

.

冒頭はASKAのちょっと不思議なポップ「パパラッチはどっち」で開始、

CHAGEの得意の叫ぶようなロックチューン「Wasting Time」が続く。

天気予報の恋人」的なASKAの癒しポップな「地球生まれの宇宙人」は

シンプルだけどしっとり聴かせる佳曲。

ヘッドホンで聴くと音の場所を探すのが楽しい。

.

さて、このアルバムはここから野球で言うところの

4番バッタークラスがどんどん登場する。

CHAGEのポップな「ボクラのカケラ」はキャッチーポップ系で

その勢いが心地よい。

ボクラのカケラ

ボクラのカケラ

シングル曲「Here & There」は様々に展開する曲風もそうだが、

どちらもボーカリストとして主張して、

これぞチャゲアス、といった作風に仕上がっている。

.

シングルが続く「36度線 -1995夏- 」は

今度はASKAのグルーヴ感のあるポップ。

そして「僕はMusic」は本当にすごい曲で、

いか風にも展開を見せ、何度聞いても飽きさせない。

なんというか夏の野外ライブで盛り上がりそうな

そんなテンションの曲が並ぶ。

.

ここからシングルのカップリング曲が並ぶが、

「光の羅針盤」は三連のメロディアスなCHAGE作品で、

「crossroad ~いまを生きる僕を~ 」はCHAGEのボーカルに

ASKAのコーラスが楽器のように絡み、

それがいつのまにかストリングスに代わっていく

重厚感のある一枚に一曲、CHAGEの素敵バラードだ。

.

現存する最期のチャゲアス曲「Man and Woman」は

イントロのピアノから名曲感が強く、

メロディラインのスケールとその進行も

文句のつけようがない曲。

タイトルは直訳すると「男と女」だが、

この2曲に関連性はある?

.

最期のアルバムだが、がっちりすごい楽曲が詰まっている。

特に中盤の怒涛の展開は一聞では

消化不良をおこしてしまうくらい内容が濃い。

最初はピンと来ないかもだが、

聴いてるうちにどんどん引き込まれるスルメ楽曲が豊富だ。

チャゲアスの最終作品として文句なしの傑作。

.

★おすすめ楽曲を敢えて3曲挙げるなら...

10 Man and Woman

03 地球生まれの宇宙人

04 ボクラのカケラ

.

B9 CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A おすすめ度 ★★★★☆

2009年2月発売の最終ベスト盤。

基本的には1999年以後のシングルベストなので

全作品持ってる人にはあまり需要はない。

ただ、全盛期のファンでその後離れた人が、

あのあとチャゲアスってどんな曲やってたの? 

というときにはピッタリだ。

.

おとななデュオ、チャゲアス

今はそれぞれソロ活動に勤しんでいるものの、

お互いに意識はせざるを得ないだろう。

ライブのMCでは「あいつもやりたいことやってますよ」とはASKAも言うものの

やっぱり2人での活動再開を一ファンとして待ちたい。

.

ひとつ前のアルバムレビューはこちら

free-research.hateblo.jp

.

チャゲアスの隠れた名曲を探るシリーズはこちら

free-research.hateblo.jp

.

バックナンバーはこちらから ↓

free-research.hateblo.jp