おとなの自由研究

古いと言われようと、それが好きだから、知って欲しい、中年のこだわり。

MENU

STARDUST REVUEを集める ⑧ ~めぐり逢えてよかった

記事名とURLコピー

大人なバンド、スターダスト・レビュー

2000年以後の作品に入っていく。

.

.

2000年3月にシングルベスト「STARS」

5月には両A面シングル「今夜だけきっと/ナチュラル」をリリース。

こちらは後のベスト盤に収録される。

11月にはシングル「What is love?」、

カップリングは「JOY OF LOVE」

(これら2曲はアルバム未収録だったが

 後発盤の「STARS」にボーナストラックで収録された)

L3  No Ballads  おすすめ度 ★★★★★

NO BALLADS

NO BALLADS

Amazon

.

2001年7月発売の3枚目のライブ・アルバム。

タイトルの通りバラードなんかは入っていない

すべてファンクでロックなナンバーで

ビッグホーンズビーとの一夜限りのセッションを収録。

.

とにかくむちゃくちゃかっこいい

「Ladies&Gentlemen」あたりからの分厚いサウンド

生で収録されてるんだからこれはすごい。

.

要氏のボーカルにブラスが絡む絡む

お客さんを煽る煽る、体が動く動く。

エルトン・ジョンの「Victim of love」のように

とにかく聴いて体を動かさずにはいられない

.

全曲いいが敢えて言うなら

この組み合わせで光るのは

ライブ感も含めて「Syncopation Love」かな?

.

16 Style  おすすめ度 ★★★★☆

①夢に~小さな奇跡~☆(爽快曲)
②まだ君を
③My Love☆(シングル)
④雨あがり
⑤The End of Love☆(隠れた名バラード)
⑥悲しい空に風が踊った
⑦Brand New Heart
⑧時の隙間
⑨1秒も離さない
⑩めぐり逢えてよかった(隠れた名バラード)

☆は「敢えて3曲挙げるなら」選曲

.

実にオリジナルアルバムとしては3年ぶり、

21世紀最初のアルバムで2002年1月1日に発売。

先行シングル「My Love」を引っ提げているが、

カップリング2曲は未収録で、

「Deeper Kind Of Love」は後のベスト盤「LOVE SONGS2」に、

「Rock & Roll Bible」は「テイチクイヤーズカップリングコレクション」にそれぞれ収録。

.

アルバム本編に入る。

一曲一曲作り込まれた様子が伝わってくるアルバムだ。

冒頭の「夢に」はスタレビのアルバム1曲目にふさわしい

空に抜けていくようなサビのメロディが光る。

.

メロウな2曲目「まだ君を」も

一音一音へのこだわりを感じる。

シングルの「My Love」はさすがなバラードで

サビ部分の展開部分の独特の切なさ

要氏ボーカルでなければ出せないだろう。

MY LOVE

MY LOVE

.

続く「雨上がり」もメロディラインが秀逸な佳曲

「The End of Love」も表題の通りの切なさ全開の珠玉バラード

なぜか玉置浩二を思い浮かべてしまう

.

王道な前半から後半は違った展開を見せる。

物語のような「悲しい空に風が踊った」で一捻り。

グルーヴ感のある「Brand New Heart」、

AORな「時の隙間」と続くが

いずれの曲もメロディやギターのフレーズが耳に心地よい。

.

音にこだわって作られたのがよく伝わる

「一秒も離さない」に続き

ラストを飾る「めぐり逢えてよかった」は

音数はシンプルだからこそ伝わる

ソウル感を感じ、本アルバムを象徴しているようだ。

.

そういえば本作はすべて根本要ボーカル

スタレビの2000年代の新たなスタイルを感じるアルバムだ。

超有名な曲はないが佳曲揃い。

メロディは短いフレーズでのインパクトというより

4小節とか8小節単位で品のあるメロディが完成する

玄人好みな「大人な」アルバムだ。

.

オススメ楽曲を敢えて3曲挙げるなら…

05 The End of Love

03 My Love

01 夢に

.

B6 LOVE SONGS II  おすすめ度 ★★★★☆

.

2002年4月発売の8年ぶりのラヴソングベスト。

スタレビはオリジナルアルバムを網羅していても

持っていない曲がどうしても出てくる。

.

本アルバムだけに収録されるカップリング

ナチュラル」「同じ空を見てる」、「Deeper Kind of Love」であり

ジャスミン」のバンドバージョンだ。

.

1ー2曲でなく4曲もあるとどうしても手に入れたい、

そんな心理を巧みについてくるのが内匠だ。

んでも個人的にはジャスミンはアカペラがいいかな?

.

なお「Deeper Kind of Love」は「My Love」の英語詞版

ギターで切なく聴かせて締める。

ビリー・ジョエルの「And so it goes」的な幕引きだ。

.

17 Heaven おすすめ度 ★★★★☆

①Step by step☆(カップリング)
②Heaven
ルイジアナムーンが輝けば
④鏡の中の男
⑤Love, peace&love
⑥Piece of my heart
⑦電光石火で引き分け主義
⑧My pride,your pride(シングル)
Wanderlust
⑩Joanna☆(シングル)
⑪Gently weeps☆(隠れた名バラード)

☆は「敢えて3曲挙げるなら」選曲

.

前作から1年4ヶ月、2003年4月リリース。

シングルとして「Joanna」「My pride, your pride」が

先行リリースされているが、

なんとカップリング含めて

全曲が本作に収録されている。

.

1曲目はカップリングのひとつ、「step by step」。

タイトル通りの小気味よいポップナンバーで幕を開ける。

.

が、ここからはこれまでのスタレビのアルバムと様相を異にする。

続くタイトル曲「Heaven」は、

テレビの心理テストのコーナーのようなサウンドで展開する

不思議な楽曲で好みが別れそうだ。

.

ルイジアナムーンが輝けば」、

「鏡の中の男」とAORチックであり、

ボサノヴァっぽい雰囲気もありな中、

「Love, peace & love」はタイトルから壮大な曲に思わせて

なかなかマニアック路線で攻めます。

.

「Piece of my heart」はさらに怪しげな雰囲気で、

映画の一シーンのような情景が描かれる。

サウンドはよいんだがいつもの感じがなくて

少々うーん、といったところで

バンドならではのグルーヴ感の強い

「電光石火で引き分け主義」を挟んで、

シングルの「My pride, your pride」へと続く。

ギターフレーズが印象的な、

さりげなポップという感じの軽いノリで心地よい。

.

放浪者という意味の「Wanderlust」。

シンプルな構成で展開するのが

ここまでの展開からかえって耳に新鮮だ。

.

もう一作のシングル「Joanna」の

完成度の高さは目を見張る。

Aメロからフックが効いて、

サビが壮大になる展開は

まさに「よっ、待ってました!」の世界

JOANNA

JOANNA

.

「Gently weeps」はピアノが効いた

落ち着いたバラードで幕引きとなる。

.

これまでのスタレビのアルバムと一線を画す作品。

好みは別れるかもしれない

アルバムトータルで聞けば

必ず最後にあのスタレビに戻ってこれるアルバム

そこがまさに「Heaven」かも知れない。

.

オススメ楽曲を敢えて3曲挙げるなら…

10 Joanna

11 Gently weeps

01 step by step

.

スタレビ全アルバムレビュー

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

.

目次に戻る

.

スタレビ 隠れた名曲探求シリーズ

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

free-research.hateblo.jp

.

目次に戻る