おとなの自由研究

様々な手法で日々の疑問を解決していきます。

STARDUST REVUEを集める③

大人なバンド、スターダスト・レビュー・レビューの第3弾です。

徐々にメジャー化していく時代のアルバムを紹介します!

 

05 NIGHT SONGS おすすめ度 ★★★☆☆

 

1987年6月に発売の5thアルバム。
タイトルから夜の歌を集めたコンピレーションアルバムのように思わせるが、
オリジナルアルバムである。
前作「VOICE」とシングルカットの「今夜だけきっと」から
シングル「もう一度ハーバーライト」「心の中のFollow Wind」「One More Time」を経て発売されているが、
本作に収録されているのは「One More Time」とそのカップリング「Midnight Rainbow」だけである。
(それ以外のシングル・カップリングはいずれも「SUPER DONUTS」に収録されている)
タイトル通り夜を思わせるタイトルが4曲収録されており確かにナイトミュージック色の強い作品だ。

前半はブラックな1曲目「Midnight Rainbow」3曲目「狙われた夜」に挟まれて
2曲目「永遠への誓い -Eternity-」も軽快なリズムで疾走感が快い。
5曲目「今夜もハートエイク」もこの時代のカフェバーな雰囲気で夜にピッタリだ。

後半は6曲目「Be Your No.1」、7曲目「It's A Party!」とやはりスタレビらしい爽快な佳曲が続き、
シングル曲の「One More Time」へと続く。
本アルバムの一つの特徴としてメロディに三連符を効果的に使用した曲が
4曲目「月影のスローダンス」と「One More Time」と2曲ある。
メロディに軽いフックが入る感じで印象的だ。

短篇の「Down The Road」、終曲の「Sing A Song For You」と
とうとう最後までバラード曲なく、終始ナイトミュージックな状態で締める。
アルバムの中で知名度の高い曲はないかも知れないが、
アルバム全体のまとまりを感じさせるアルバムだ。
ライトなファンには少々レベルが高いアルバムとも言えるかも知れない。

 

★オススメ楽曲を敢えて3曲挙げるなら…
02 永遠への誓い -Eternity-
07 It's A Party!
08 One More Time

 

 

B2 SUPER DONUTS おすすめ度 ★★★☆☆

 

1987年11月発売の2作目のベスト盤。
スタレビのオリジナル・アルバムを所有している人が、
入手すべきか、という視点からレビューしてみたい。

4枚目のシングル「トワイライト・アヴェニュー」のc/w「ダンスはいかが?」
7枚目のシングル「Single Night」とそのc/w「素敵なWink Cat」
10枚目の「もう一度ハーバーライト」とそのc/w「BAD MOONに誘われて」
11枚目「心の中のFollow Wind」とそのc/w「Lonely≠Story」
13枚目「メビウスの瞳」とそのc/w「君のために・・・」
そして、新曲の「紙飛行機の夢」
…の10曲はオリジナルアルバムには収録されていない。

オリジナルに含まれている「今夜だけきっと」はシンフォニックバージョンとして
前のベスト盤に含まれている「トワイライト・アヴェニュー」はアカペラバージョンとして
バージョン違いで収録されている。

つまり、シングルベストの「Best Wishes」を持っていても、
6曲は未収録で、2曲はバージョン違いになっているし、
「Single Night」「メビウスの瞳」もシングル・バージョンとは異なっている。
実に10曲は新録とも言える作品なのだ。

内容的にも新曲の「紙飛行機の夢」は三谷氏ボーカルの親しみやすい佳曲だ。
今夜だけきっと」は正直、オリジナルバージョンの方のグルーヴ感の方が好みだが、
「トワイライト・アヴェニュー」はアカペラバージョンでこちらは無茶苦茶よい。
(アカペラアルバム「ALWAYS」でも収録されているが、完全アカペラはこちらのみ!)
ということで、ベスト盤と言いつつ、まずコレクターとしては必須だろう。

 


06 RENDEZ-VOUS おすすめ度 ★★★★☆

 

1988年7月、前作から再び約1年でのリリース。
ベスト盤「SUPER DONUTS」を経て、
シングル「メビウスの瞳」カップリング「君のために」(いずれもSUPER DONUTS収録)
先行シングル「Stay My Blue -君が恋しくて‐」を引っ提げてのリリースだ。
カップリング「Sunday Morning」は「ワーナーイヤーズカップリングコレクション」収録)
最初のインスト曲は「Cinema blue」代表曲「Stay my blue」と「blue」がポイントか、
タイトルも「Rendez-Vous」で音は「blue」の母音と同じだし。

このあたりからのスタレビのアルバムはアルバムに1曲ほど、
その時代の代表となるような曲が君臨する。
ちょうど高校野球のキャプテンであり、箱根駅伝のエースのような存在。
このアルバムにとってはやはり「Stay My Blue -君が恋しくて‐」ということになる。

全体としてはライブ・コンサートを思わせる構成。
インストだけど「何がはじまるのかな?」と期待させるオープニング。
そして「流星物語」「Whisky A Go-Go」とまさにコンサートの幕開けを思わせる
スタレビらしい爽やかな曲が続く。
「Danger Lady」で少しカフェバーチックなフックを効かせ、
「言葉じゃいえないLoneliness」と三谷氏の「エトランゼ」と対照的な曲想で
スタレビの幅広い音楽性を魅せつける。

「One Night Rose」はコンサート後半の盛り上がりにピッタリな疾走感のある佳曲。
柿沼氏の「君のBirthday」、三谷氏の「Just A Minute Of Your Time」を挟んで
いよいよ「Stay My Blue -君が恋しくて‐」で締める。
余韻を残したエンディングの後、アンコールに「夏の終わりに」でラララ…とお別れ。
なんてしっくりくる素敵なコンサート! というわけ。

 


★オススメ楽曲を敢えて3曲挙げるなら…

09 Stay My Blue -君が恋しくて‐
07 One Night Rose
02 流星物語

 

07 IN THE SUN, IN THE SHADE おすすめ度 ★★★★★

 

1989年7月発売で「Rendez-Vous」に続いて再び夏らしいアルバム。
この間にはシングルとして「Northern Lights - 輝く君に -」「夏のシルエット」があるが、
スタレビにしては珍しくすべて本作に収録されている。
(「夏のシルエット」のc/w「New Day Begin ―愛は風にのって―」はライブアルバム「SECRET FACE」収録)
また、このアルバム直後に「Be My Lady」がシングルカットされている。
(このc/wの「Jail House R&R」は後にワーナーカップリングコレクションに収録だが
 「月光列車」として本作に収録しているともいえる)

この頃のスタレビのアルバムにキャプテン的な1曲が必ず存在すると前作で書いたが、
本作はキャプテンクラスがたくさんあってちょうどいつかの大阪桐蔭のようだ。
ポップな「夏のシルエット」「Northern Lights - 輝く君に -」もよいが、
ここは4曲目「Be My Lady」を一押しとしたい。とにかくメロディの品が良い。

先に記したシングル曲が2、4、6曲目に並ぶ前半の構成で駅伝なら大変攻撃的な布陣でありながら、
1曲目「Brand-New Wind」もサビの突き抜けるメロディが爽快で、
3曲目「月光列車」の勢いがあって楽しく、5曲目の三谷氏の「Triste」では怪しくこの時代の雰囲気で
それぞれに名曲の間をきちんと埋めて繋いでいる。

後半の7曲目「Endless Dream」もシングル曲として遜色ないキャッチーさを持ち合わせる。
8曲目「夏の女王」は映画「私を野球につれてって」のエスター・ウイリアムズに捧ぐとされる曲。
ライブで盛り上がりそうな「ラビリンス・サスペンス」に続くタイトル曲の10曲目は
「In the Sun and In the Shade」という詞が意外なメロディにのっかって耳に残る佳曲。

とにかく全曲よいアルバムという点ではキャロル・キングの「Tapestry」クラス。
うーん、惜しむらくはジャケット写真!
すごくいいアルバムなのに、なんかあまりそう思いにくいジャケット…。
演奏中には再生機器の画面にずっとこれが表示されていで、「Be My Lady」に合わない…


★オススメ楽曲を敢えて3曲挙げるなら…
04 Be My Lady
06 Northern Lights - 輝く君に -
01 Brand-New Wind